Home > 2009皆既日食。 > 【2009皆既日食】 皆既日食観察記 その3。

【2009皆既日食】 皆既日食観察記 その3。 【2009皆既日食】 皆既日食観察記 その3。

 

太陽が欠けていく、ということはどういうことなのか。



皆既日食の瞬間までは、肉眼で見る限り
太陽に何が起こっているのかはわかりません。

これは、あまりの光の強さで形を識別できないためです。

 



しかし、日食グラスなどのフィルターを通して見ると
大きく欠けている太陽の姿が。




この形を肉眼で見る方法は、木もれ日。

左右の手の指を組んで日影を作ってみると、
木もれ日と同様に太陽の形が投射されます。



小さな穴を通った光は、三日月形をしています。


おがさわら丸の船上では、こんな実験をする人々もいました。



小さな穴を多数あけた薄手の板を太陽に当て、
通り抜ける光で文字を作ります。



文字を構成するひとつひとつの光の点が、三日月型に。




レンズ内の映り込み(フレア)も三日月形なのは新発見でした。


そしていよいよ皆既に入る瞬間。





まず、金星が姿を現しはじめます。



上の写真の左から4分の1の部分にある小さな点が金星です。。


そして水平線には影が忍び寄ってきます。



西の水平線の空がみるみる赤くなっていきます。




北硫黄島も朝焼けのような空に包まれます。



そして皆既日食が始まる瞬間。



みるみるうちに空が黒くなり、太陽の光が弱くなっていきます。
それはまるで、太陽がしぼんでいくかのよう。



その光の中に、黒い陰影が現れます。

月です。



昔の人々が「太陽が食べられていく」と表現した光景。

急速に輝きを失い、力を奪われていく太陽に対して、
我々地上の生き物はただただ力なく見守るしかありません。




消える瞬間にもダイヤモンドリングはあるなずなのですが、
興奮していたためか、ちゃんと見た記憶がありません。

急速に暗くなっていくことに対する目の慣れの問題もあったのでしょう。





完全に隠れた太陽。

6分30秒以上続く、暗黒の太陽です。


                                  (つづく)

 

 


この文章は「とっておき!!のねごと。」からのものです。
http://www.totteoki.jp/negoto/

 

コメント:0

記入欄

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://totteoki.no.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/150
Listed below are links to weblogs that reference
【2009皆既日食】 皆既日食観察記 その3。 from ぶろぐ☆渋谷とっておき~ほんとうにおいしい店だけのグルメガイド~

Home > 2009皆既日食。 > 【2009皆既日食】 皆既日食観察記 その3。

過去のつれづれ。
講読してね。

ページの先頭へ